多くのお子さんが小学生のうちから塾に通い、中学生でも継続して通っていると聞きます。

ただ、多くの方がやはり塾に行かせておけば安心と思っているようです。
ただし、結果が出ていない子も多い。
それは塾の使い方が間違っているからです。個別指導塾ではなく、学校の授業をなぞる塾の使い方は、基本的には予習です。
塾である程度細かく予習して、学習内容を理解し、学校の授業で復習するんです。
従って、このサイクルを自分自身で習得して初めて、塾の効果が出ます。
私自身も塾に通っていましたが、同じ塾内でも生徒によって大きな差がありました。
塾での授業を理解しないまま学校の授業に臨んでも、理解できない授業を2回やってるにすぎないんです。
塾は予習の場なので、自身の理解度が学校の授業より遅れた時点で、塾の意味がほぼなくなるということです。