同じ1年でも。

新たな学年にあがって、新たな生活が始まったことと思います。
この時期に、特に新中学1年生の親御さんからご相談いただくのが「塾に行った方がいいのか?3年生から行かせれば十分だと思っている。」という内容です。
結論から言えば、自分で予習して、学校の授業をよく聞いて理解し、自分で復習し、定期テスト前の勉強方法を自分で確立して、学年順位がトップの方にいれば塾や家庭教師は必要ありません。
それが出来ずに3年生になってから慌てて受験のために塾に通うことは非常に効率が悪いです。
それでは志望校に合格できるかどうかは賭けみたいなものです。

お金がない。という理由で1年しか塾や家庭教師に行かせることができないのなら、3年生になってからの1年よりも、1年生のこの時期に通わせるべきです。

塾、家庭教師の主な役割は、授業の分からない点を指導することはもちろんですが、一番は学習のリズムを作ることです。
3年生になるまで、学習のリズムが出来ずに授業内容がチンプンカンプンになってから塾に通う。か、1年生のうちだけでも塾に通って、自分自身の学習のリズムを習得し、塾に行かなくても高い成績を維持できる。

この2択だったら、どっちがいいですか?

費用面から見ても、中学1年生から通わせた場合は通常料金。中学3年生から通わせたら、中1、中2の内容から理解させてあげなければならないので、指導時間が増えて、その分金額もあがる。

まだ中学1年生だから。。。は効率の悪さと無駄を生むだけです。
どうせやるなら、なんでも早いうちにやるのが得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です