学習塾、家庭教師などの教育活動を通じて子供たちの「夢」を応援します。

指導方針

  • HOME »
  • 指導方針

指導方針画像

指導方針

様々な夢に対応できる夢づくり。

夢教育

現在の日本では、未だ個人の能力を学力や学歴で判断する傾向があります。
従って、能力があったとしても学力や学歴が壁となり、叶わない夢も多くあります。
Luceでは「夢・目標を持ってそれらを叶える為に勉強する。」という考え方に基づいて、指導を行っています。
保護者様、お子さんと一緒になってお子さんの将来について考え、学習への意欲を高めます。
Luceの夢教育で、お子さんが自ら学び、夢・目標を定め、それに向かって走り抜ける力を身に付けてもらえるよう指導してまいります。
現在、具体的な夢・目標がないお子さんも、叶えたい夢・目標が見つかった時、
それらを叶えられる自分になってもらえるよう、学力向上に向けて指導してまいります。

指導をはじめる前に

Luceでは指導をはじめる前に、保護者様、生徒の皆様と教育方針・指導方針についてお話しをさせてきます。

勉強する理由

子供たちの多くは何のために勉強をするのか、その理由(夢・目標)を定めていない傾向にあります。
Luceは「勉強=夢・目標を叶える手段と捉え、将来なりたい自分になるために勉強する」と考えています。

夢とはなにか

あなたの夢は何?と尋ねると、大半の方がどんな仕事をしたいかを答えるのではないでしょうか。
もちろん、憧れの仕事に就くことを夢とし、それに向かって一生懸命頑張るということは
素敵なことなので応援したいと思います。
Luceでは、「仕事は夢を叶えるための手段である」と考えています。
夢とは、何が自分にとって本当の幸せか、どんな自分になりたいか
将来どんな生活を送ったら幸せかを考えたとき思い浮かぶ「欲求」であると考えます。
例えば・・・・

  • 素敵なお家に住む
  • 毎月必ず海外旅行に行く
  • かっこいいスポーツカーに乗る

など、生徒たちには自分の欲求に素直になり、ワクワクするような夢を考えていただきたいと思います。

夢を持たない人生はあみだくじ

夢や目標を持たないということがどんな状態なのでしょうか。
Luceでは一例として、結果が見えない「あみだくじ」に例えてお話しします。
夢・目標を定めずに走り出してしまうとあみだくじのように気づいたら結果を勝手に決められてしまいます。

  • 勝手に決められる結果

一方、夢・目標を定め、なりたい自分を目指して走り出せば正しい道を選択して、迷うことなくゴールに
辿りつけます。
途中、様々な選択肢があらわれたとしても、明確な夢・目標があればブレることなく突き進むことができます。
Luceは生徒にとって、夢への案内人となるべく、生徒たちの「今」を夢教育でサポートします。

指導の方向性

自分自身で勉強できる力をつける

家庭教師でも塾でも、ただ指導時間内だけ教わっていれば成績が伸びるのかというと、そうではありません。
家庭教師・塾以外の時間で、いかに自分自身で勉強できるかが成績が上がるか上がらないかの分かれ目です。
学校で同じ授業内容で勉強していても、できる子とできない子に分かれていってしまうのと同じです。
家庭教師・塾をせっかくやるのであれば、学校と同じ状況を作り上げるのはやめましょう!
Luceでは、自分自身で勉強する力をつける指導・習慣作りを心がけています。
その為には、お子さん自身への夢教育が必要不可欠ですが、お父さんお母さんの協力も必要です。
お子さんの将来のために、お子さん・親御さん・先生が三位一体となって歩んでいきましょう。

勉強方法の一例

Luceでは、自分自身で勉強する力をつけてもらう為に、以下のような勉強方法をお子さんに教えていきます。

イメージ記憶術

悪魔のノート勉強法

模範解答先行学習

 

詳細につきましては無料体験時にご説明いたします。

PAGETOP
Copyright © Luce(ルーチェ) All Rights Reserved.