夢は何?と聞くと、大抵の方が、どんな仕事をしたいか答えるのではないだろうか?

確かに、私自身も、サッカー選手、アニメーション制作、建築家など、魅力的だなと思う仕事はたくさんある。
ただ、その夢は働くことを前提にして決めているのではないか?
漠然とした憧れからか、はたまた、どうせ働くんだったら憧れの職業がいいのか?
その仕事に就けたら夢は叶ったとしていいのか?
私の考えでは、仕事は夢を叶える為のお金を稼ぐ手段でしかない。
お金も手段。
夢を考える時は、もちろん憧れる仕事を据えてもいいとは思うが、何が自分の幸せか、どんな自分になりたいのか、自分の欲求に素直になって考えてみるのがいい。
大きい夢から小さな夢まで、とにかく紙に書き出してみる。
思いつかないならば、なりたくない自分、やりたくない事を考えてみるのもいい。
やりたくない事をやらなくていい自分も。なかなか幸せではないか。
ポイント
夢は欲求に素直に。
基本的には仕事は手段。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

環境