情けは誰のため

「情けは人の為ならず」
このことわざの意味を知っているだろうか?私が教わってきたのは、情けをかけることはその人の為にならない、という意味である。
しかし、これは誤用で本来の意味は、人に情けをかけることは、その人の為になるだけでなく、やがて巡り巡って自分に返ってくる、というものである。
夢を持ってほしいと何度も言っても、小中学生では夢を意識して生活していくことは、なかなか難しいことである。
私が生徒にテスト前によく言うのは「先生がクビになっちゃうから、先生の為に頑張って」である。
誰かの為に頑張るということは、物凄いパワーがそこに存在している。
従って、なかなか夢を意識できないお子さんには「お父さん、お母さんの為に頑張ってほしい」と言ってみてはどうだろうか。
その結果、お父さんお母さんが喜ぶ顔を見て、嫌な気持ちになる子はいないだろう。
そして、頑張った結果は、自分の夢を叶える土台になる。

ポイント

情けは自分のため。
大切な人の為にと思うと、大変なことでも頑張れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ボールの蹴り方

次の記事

400点オーバー!!