自分が物事を理解できているか知りたい時には人に教えてみるといい。

人は自分のこととなると、どうしても理解したつもりになっている部分があるが、それに自分自身で気がつくことは難しい。
人に教えるということは、曖昧な部分が浮き彫りになるし、本当に理解できたことでないと、人が理解できるように伝えることはできない。
また、自分では疑問に思わなかった点を指摘されることもあるので、抜かりなくその事柄についての理解を深めることができる。
中学生でも、どこかで集まって勉強できる環境が用意できるなら、試してみてほしい。