日本の英語教育

日本での英語教育は、英文法中心で、確かに英文法に関しては強くなるかもしれないが、話せるようになるかは別問題である。
特に日本では英文を和訳させる問題が多いが、実際に英語でコミュニケーションをとる際はいかに言いたい事を英語にできるかがポイントである。
もちろん理想としては頭の中で日本語から英語を考えるプロセスも省けるようにすることではある。

僕は大学時代にほんの少しのアメリカ留学経験がある。
そこで日本人は確かに英文法は分かると感じた。印象的だったのは同じ学校に留学していたサウジアラビア人。
英文法は全く理解しておらず、テストの点数は低いのだが、明らかに日本人より英語を話せており、英語でコミュニケーションを取ることができていた。

もちろん日本の英語教育の中でも工夫次第では英語を話すことは可能であろうが、なかなか難しい。
それは学校の先生が日本の英語教育を受けて先生をしているからである。
実際に、英文法に関しても英会話に関しても僕の方ができてるだろう。。。と思われる方が先生をしていたりするのである。

やはり学校で教わる英語はそういうものと諦めて、できることなら英会話等の英語教育を受けて英会話の楽しさを実感してほしい。
そうすれば英語が好きになることと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

応援される自分になる

次の記事

中学生がつまづく英語