虎の威を借る

中学生くらいになると反抗期に入り、親、兄弟など身内の言葉は聞かなくなる場合があります。

そんな時に有効なことは、人の口を借りることですね。
親の話は全然聞かないけど、ある人の話は熱心に聞いている様子を目にしたことはありませんか?

口を借りる人とは、お子さんにとって憧れの存在で、さらに身近な存在の方が望ましいです。
テレビでJリーガーがサッカーの練習のポイントを教えてくれても、それを子供1人で継続し続けることは難しいですね。だから身近な存在がいいんです。

親御さんにとっても頼りにすべき存在なので、何人かいた方がいいですね。
その人の口を、さらに有効にするために、お子さんには、その人がいかに凄い人なのかを刷り込んでおくべきです。
凄くないと思っている人と、凄いと思ってる人のどちらの話を聞こうと思いますか?答えは簡単ですね。

狐になる必要はないですが、虎の威を借りれる場合には、どんどん借りてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中学生 中間テスト2週間前

次の記事

魔法使いじゃない。