テスト前の社会の勉強法

本来、社会という科目は、ある事柄の歴史的背景を知ったり、地理ではある場所がどういった場所であるかを知り、現在を知る科目であり、なぜそうなったかを理解することが必要である。

ただし、学校では、そこまでは言及しないため、その点については自分自信で調べなければならず、実際にそこまでできる人は少ないだろう。従って、どうしても暗記することが主になりがちだ。
定期テストで点数を取るための学習であれば、暗記でも対応できる。
まず、社会のテストは主に問題集から出題される場合が多い。
重要語句が問題になっているのだから至極当然ではある。
まずは一度だけ問題を解いてみよう。
1度授業でやった程度ではほとんど覚えていないだろう。
その後、模範解答を見ながら、問題集に答えを書いてしまう。
あとは、その解答を隠しながら、何度も何度も繰り返し解くのみ!
覚えられるまでは、とにかく青または赤ペンで書きまくろう!
おおよそ5~6回程度繰り返せば、ある程度覚えられるだろう。
その後は、答えを隠しながら、再度5~6回書かずに頭の中で繰り返す。
100%完璧な状態にしよう。
できれば、どのページのどの部分にどの問題があったかまで何となく頭に入れると良い。
あとは、問題集に載っていない、より細かい部分を教科書や資料集で確認して終わりである。
これで定期テストでは100点に近い点数が取れるはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

体験、体感させる。