定期テスト前の数学学習法

まずはテスト範囲で出てくる公式等があれば、それをひとまず覚える!

その後は教科書の問題、問題集を徹底的に解く。
問題をたくさん解くことで、公式も自然に使えるようになってくる。
問題を解くポイントは、なぜその式になるのかを理解するようにすること。
初見の問題で、解き方が分からない場合には、すぐに解答を見てよい。
この時、ただ単に答えの数字だけを見るのではなく、解説を見て、なぜそのような計算になるのかを確認しよう。
基礎的な計算問題は3~4回繰り返して、完璧にする。
難しい計算問題は、答えに辿り着く過程も確認しなければならない。
これを5~6回繰り返す。
文書問題は、問題文で何を問われているのかを確認し、なぜその式になるのかを理解する。
これを5~6回繰り返す。
図形の問題なども、なぜそうなるのかを理解して、繰り返すという点では同様である。
テスト前日に2回ほど最終確認として、問題を見て、式や解き方を頭の中または書き出して確認する。
テスト前にはこの学習法で勉強してもらえれば、100点を狙える。少なくとも90点は切らないだろう。
やるかやらないかは、あなた次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です