Luce式記憶術!悪魔のノート

僕が暗記する時によくやっていたやり方をご紹介します。

暗記に関してはとにかく量をこなすことが大切です。

僕は赤ペンでひたすら書いていたので、それを見た友人から「悪魔みたいだね」と言われたので、
悪魔のノート』と命名しました。ネーミングセンスのなさは気にしないでください(笑)
基本的に勉強はボールペンで行います。

シャープペンは折れるし、細いし、文字が目に入りづらく感じたからです。

学校の授業のノートを取る時には、シャープペンではなく、えんぴつを使ってました。
理由はシャープペンより太く濃く書けるからです。
ボールペンの色は僕は赤文字が目に入りやすかったので、赤を使用していましたが、これは好みです。
脳科学的には青の方が、脳には良いらしいです。

太さはなるべく太いもの、僕は0.7を使ってました。

また、3色ペンのようなものではなく、1本で1色のものを使用してください。
下の画像を見て、パッと目に入る色で勉強してみてください。
悪魔のノート例1
僕は赤が頭に残ったので赤でやっていました。
僕の悪魔のノートはこんな感じです。悪魔のノート例2
どうでしょうか?
汚いですよね?何が書いてあるか分からないと思います。
書いた内容はwhat why how where when

who whose whichとその意味です。

このノートは後で見返したりしないので、自分さえ何が書いてあるか分かれば、それでいいのです。
一回の定期テストの勉強だけでも、このノートが2~3冊溜まりました。
文字の大きさは程よく大きく書きます。
ノートの枠なんて、無視してください。
ノートの使い方としては、勿体ないですが、経験上そうした方が良いと断言します。
書きながら、ブツブツと書いている内容を声に出します。

飽きてきたら、部屋を歩き回りながら、書いた内容を目で見て声に出したり、

目を瞑って書いた内容を思い出しながら声に出します。

そうすると、手を動かして目で見て書くこと➕声を出す、耳で聞く、身体を動かす、
想像する動作が加わるので、
脳みその色んなところを働かせながら記憶することができます。
1つのテクニックではあると思いますが、絶対的な量をこなすことが、まずは大切です。
ペンだこを誇れるくらい、たくさんの量をこなしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

挫折

次の記事

心の拠り所