定期テスト前になりました。

例えば部活動で、先生にやり方だけ教わった後、全く練習しなかったら、その子は上達すると思いますか?

答えは否ですね。

部活動で例えると、そんなことは明白に分かることなのですが、勉強となると、そうでないと考える方もいらっしゃいます。

しかし、勉強も同じです。

塾や家庭教師で予習をして、学校で理解を深めたとしても、その後に全く練習をしなければ知識として使えるようにはなりません。

良い点数・良い順位を取らなければならないというプレッシャーのかかる中で、一生懸命に時間をかけて、勉強量をこなし、これまで学んだことを知識として頭に定着させる期間が定期テスト2週間前からテスト当日までです。

部活動ですと、自らが率先して技術向上に励んだり、そうでない子も、決められた時間の中で、指導者が見ており(見ていなくても、いつ来るか分からないというプレッシャーがあるので)、嫌でも練習します。

勉強の場合、もちろん自らの意思で勉強する子は別ですが、自宅ではプレッシャーをかけてくる指導者がいない状況に置かれます。

その状況を打開するには、やはり親御さんがプレッシャーをかける指導者の役割を果たすしかありません。

勉強して、良い点数・良い順位を取って損はありません。

お子さんの将来のためにも、この2週間は心を鬼にして、お子さんが勉強するように仕向けてください。

尚、勉強のやり方、最低量はテスト勉強管理表に書いてあります。

その内容を実行してください。

以下の記事も参考にしてください。

定期テスト2週間からのスケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です