責任と判断

お子さんが自分の人生に関わることを判断できるようになるのは、様々な経験をした高校生以上からではないかと考えています。

つまり、それまではお子さんに判断させているようで、最終的には親御さんが責任を持って判断しなければいけません。

例えば、人生において、やってもやらなくてもいい、楽しい要素がある習い事については、やるかやらないか、お子さんに判断を任せてもいいと思います。

楽しい要素があれば、お子さんは「やる」と言う可能性は高いですね。

「やる」と言ったからには、最後まで続けるんだよ!と言うのが親御さんの役目であり、辛い事があっても最後までやり通させてあげることが親御さんの責任です。

この場合、本当にどうしようもなく、辞めなければならない理由がある場合には仕方ありませんが、お子さんの「飽きた」とか「つまらない」とかいう理由で辞めさせてしまうと、お子さんは「やりたくない事は辞めて大丈夫なんだ」と思うはずです。

万が一、習い事を辞めるにしても「嫌なこと・やりたくないこと=ワガママを言えばやらずに済む」という思考にならないように気をつけてください。

それとは別に、塾等の受験や勉強に関わることは基本的にお子さんに判断させてはいけません。

学ぶことが好きで自ら塾や勉強系の習い事をしたいと言い出したり、自ら危機感を感じて塾に行った方がいいと言ってきた場合は自発性があり、とてもいい事です。

それ以外の場合に、本当にお子さんの判断に任せるために「塾に行く?」と聞いても、勉強なんてやりたくないと思う子の方が多いのですから、「行かない」と言う子が多数だと思います。

塾に行かせることを親御さんが決めていることを前提として、「塾に行く?」と誘導するのはアリです。

お子さんの中には「塾に行くくらいなら、自分で勉強する」と言う子もいます。

親御さんは、この言葉を信用できるかどうか、これまでのお子さんの行動や結果で判断しなければなりません。

塾に行きたくないから、ひとまずそう言ってるだけの場合を多く知っています。

つまりは、塾や勉強系の習い事は親御さんが「やらせるかどうか」を判断した方がいいということです。

例えば高校受験における塾に通わせるかどうかの判断基準は、志望校とこれまでのテストの結果です。

これまでの結果を踏まえて、「自分で勉強する」という言葉を鵜呑みにして、本当に志望校合格点に届くのかどうか。

これを考えることが一番です。

これまでの行動や結果で、本当にお子さん自身にお任せして、志望校に合格できそうであれば、それでいいと思います。

そうでない場合には、お子さんが「やりたいか、やりたくないか」を考えるのではなく、親御さんが、「やらせなければいけないかどうか」を判断してください。

そのためには、普段から勉強の様子や、テスト結果を把握しておく必要があります。

志望校合格のためには、そこにお子さんの「辛いから嫌だ」等の感情を考慮する余裕はありません。

受験に関わる判断は、お子さんの今の気持ちを尊重するのではなく、受験に合格できるかどうかを親御さんが責任をもって判断してあげる必要があります。

他の習い事のように、「やりたいか、やりたくないか」でお子さんに判断させることで、お子さんに責任を押しつけることにならないようにご注意ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2020年受験結果報告